写真提供:(財)日本自然保護協会


外来生物シンポジウム
「外来生物問題とどう取り組むか〜啓発活動と現場での対策〜」


2007年3月21日(祝)12:00〜16:45
文京区シビックセンター 26階スカイホール
文京区春日1-16-21  電話   03(3812)7111

主催:生物多様性JAPAN

 

 

外来生物法が施行され、特定外来生物に指定された生物種は83種類に及びます。しかしながらブラックバスやアライグマなど各地で数を増加させ、生態系、農林水産業、人の暮らしに大きな影響を与えている生物について、有効な対策がまだまだなされていないのが現状です。外来生物の問題とどう具体的に取り組んでゆけば良いのか?誰もが悩んでいます。外来生物の問題解決のために様々なセクターとの協働が必要ですが、そのための啓発活動を具体的にどう行ってゆくと良いか?様々な分野の方々と考え、議論を深めるためのシンポジウムを開催します。

●プログラム

   総合司会 竹下信雄氏(生物多様性JAPAN)

開場 11:30 

開会 12:00

開会の挨拶(生物多様性JAPAN)12:00〜12:15


基調講演(各40分)12:15〜13:35

•  鳥居敏男氏/環境省
:外来生物問題とどう取り組むか〜環境省による外来生物対策〜

•  志村智子氏/(財)日本自然保護協会
:外来生物問題を解決するための環境教育からの取り組み〜 NACS-J 「自然しらべ」〜


休憩 13:35〜13:45


パネルディスカッション 13:45−16:45

 「外来生物問題解決のための啓発と現場での活動」

コーディネイター:小林光氏(全国ブラックバス防除市民ネットワーク)

パネラー:

鳥居敏男氏(環境省)

志村智子氏(日本自然保護協会)、

金田正人氏(生物多様性JAPAN):アライグマ対策の現場から

小出可能氏(自然環境研究センター):外来水草と戦う人々

中井克樹氏(琵琶湖博物館):博物館にいて考える外来生物問題の啓発

 各パネラーは話題提起のため、各自の活動内容を5〜10分程度話します。


閉会 16:45

 

・日時:2007年3月21日(水曜日・祝日)12:00−16:45

・場所:文京区シビックセンター・26階 スカイホール

  文京区春日 1 − 16 − 21  電話   03(3812)7111

 

・主催:生物多様性JAPAN

・申し込み:参加費無料・先着90名
・お問合せ先:    chipmunk@h5.dion.ne.jp  TEL/FAX 075-551-3936

 

 

※このシンポジウムは、平成18年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。                                    

 

●お申し込み方法

□お名前、ご所属、ご連絡先(電話またはE-mail)および「外来生物シンポ参加希望」と
 ご記入の上、 事前に、メールかFAXにてお申し込みください。

※ なお、定員を超えた場合にはやむを得ずお断りすることもございます。あらかじめご了承ください。

□お申込み・お問合せ先:   chipmunk@h5.dion.ne.jp  TEL/FAX 075-551-3936

※上記の氏名 等の記述欄に関し、個人に関する情報は本シンポジウム開催の目的以外には使用いたしません。

 
 

営団地下鉄南北線「後楽園駅」徒歩1分:地下鉄丸の内線「後楽園駅」徒歩1分:
地下鉄三田線「春日駅」徒歩3分:地下鉄大江戸線「春日駅」徒歩0分:JR中央線「水道橋駅」徒歩8分