Last updated : 11/20/05
      

外来生物フリー・フォトライブラリー 海外→海外 植物

外来生物問題対策のため、無料でご利用いただけるフォトライブラリーです。

(15種25点 11/20/2005 upload)
  Casurina sp.
撮影 金田正人
July/17/2005 フロリダ

Scheffrina actinophylla
撮影 金田正人
July/17/2005 フロリダ
  Melaleuca quinquenevia
撮影 金田正人
July/17/2005 フロリダ

Casurina sp.
撮影 金田正人
July/17/2005 フロリダ
  Casurina sp.
撮影 金田正人
July/17/2005 フロリダ

Spartina sp.
撮影 加藤英寿
Oct/30/2005 New River Estuary, Invercagill,NZ

  Darwin's Barberry
Berberis darwinii
撮影 加藤英寿
Nov/1/2005 Stewart island,NZ
Gorse (Ulex europaus) の群落
撮影 加藤英寿
Nov/1/2005 Stewart island,NZ
  ■その他
 
  ラブバイン 撮影 金田正人 July/18/2005  
   
  Spartina sp.  撮影 加藤秀寿 Nov/2/2005 1930年代から1954年にかけて干拓のため河口部に植栽された。1980年代にはSpartinaが河口部全域を埋め尽くしていたが、1997年以降の本格的な排除作業により、現在はほとんど見られなくなっている  
   
  Darwin's Barberry(Berberis darwinii)の排除サイト 撮影 加藤英寿 Nov/1/2005 Stewart island,NZ 南米原産の常緑低木。種子が鳥によって広く散布され、森林に群落が拡大して問題となっている。根本近くで伐採して、さらに切断面にゲル状の除草剤を塗ることにより、地下部まで完全に枯死させている。


   
 

Gorse (Ulex europaus) 撮影 加藤英寿 Nov/1/2005 Stewart island,NZ ヨーロッパ原産の低木で、ニュージーランド中に広がって問題となっている侵入種。

 
   
 

Pinus contorta 撮影 加藤英寿 Nov/2/2005 Mid Done, Waikaia ward,NZ 北米原産のマツ。成長が極めて早く密生した群落を形成するため、他の植物が生えることができなくなる。

 
   
  Pinus contorta の植栽林 撮影 加藤英寿 Nov/1/2005 Stewart island,NZ (後方の山の斜面)地滑り防止目的で植えられたものが周辺の山域に拡大しつつあり、薬剤による排除が実施されつつある  
   
  Muehlenbeckia australis 撮影 加藤英寿 Nov/2/2005 Invercagill,NZ タデ科のつる性植物。ニュージーランド在来の植物だが、生育が旺盛で、しばしば樹木を覆い尽くしてダメージを与えることもある。日本のクズのような存在。
 
   
  Muehlenbeckia australis によって覆い尽くされた樹木 撮影 加藤英寿 Nov/2/2005 Invercagill,NZ  
   
  Marram grass (Ammophila arenaria) 撮影 加藤英寿 Nov/3/2005 Waituna Lagoon,NZ ヨーロッパ原産。Lagoonの特殊植物群落(海岸近くに高山植物が生育する)に侵入し、その生息地を奪いつつある  
   
  Marram grass (Ammophila arenaria)2 撮影 加藤英寿 Nov/3/2005 Waituna Lagoon,NZ Lagoonの砂地に密生し、その生態系を大きく改変しつつある  
   
  Sedum acre 撮影 加藤英寿 Nov/3/2005 Waituna Lagoon,NZ 高山植物Raoulia(青色の小さな植物)の群落内に侵入して、覆い尽くしつつある  
   
  Cape Honey Flower (Melianthus major) 撮影 加藤英寿 Nov/3/2005 Bluff,NZ 南アフリカ原産で園芸用に導入された。海岸周辺に野生化し、種子が海流によって広域に散布されるため、駆除が試みられている。  
   
  Spanish heath (Erica lusitanica) 撮影 加藤英寿 Nov/3/2005 Three sisters Bluff,NZ ヨーロッパ原産の低木。種子が細かく風で広く散布されるため、草原や低木林に広がりつつある。  
   
  Spanish heath (Erica lusitanica) 2 撮影 加藤英寿 Nov/3/2005 Three sisters Bluff,NZ  
   
  タマシダ Tuber ladder fern (Nephrolepis cordifolia) 撮影 加藤英寿 Nov/7/2005 Rangitoto Island , NZ 園芸用に持ち込まれたものが、島内に広がりつつあり、薬剤による排除が行われている。  
   
  Rhamnus alaternus 撮影 加藤英寿 Nov/7/2005 Rangitoto Island , NZ Rhamnus alaternusが侵入して低木層を埋め尽くしている林  
   
  Rhamnus alaternus 2 撮影 加藤英寿 Nov/7/2005 Rangitoto Island , NZ Rhamnus alaternus 果実を鳥が好んで食べて、種子を広く拡散させるため問題となっている  

 

利用に際して…

1)出典(生物多様性ジャパンホームページ)を明らかにして下さい。

2)ご利用の際、事務局(chipmunk@h5.dion.ne.jp)までご一報ください。

3)印刷物に利用される等、より高画質の画像がご入用でしたらご相談ください。

4)商業利用の場合は有料です。利用料等については事務局(chipmunk@h5.dion.ne.jp)までご連絡下さい。